PAVE JS(躯体積算基準対応)PAVE RB(鉄筋実寸・定尺換算)PAVE EW(現場対応土工事)PAVE FN(意匠積算システム)

積算から現場まで、建築積算の進歩を牽引します。
製品概要

積算プロの技術と頭脳をそのままプログラム化し、手拾い計算の正確さをグラフィック処理において実現した積算ソフト。積算初心者の方でも簡単な図面入力だけで正確な数量の算出ができます。

POINT

  1. 建物の階数・スパン数に制限なし
  2. 積算基準を基本にしつつ、現場に合わせた詳細拾いも可能
  3. コンクリート、型枠、鉄筋すべて100種類まで登録可能
  4. スパイラル、ウルボンから定着板、ネジ鉄筋まで完全対応
  5. 入力データの確認が伏図、軸組、チェック表で即座に可能
  6. ボイドスラブ対応
  7. 複雑な建物もCAD感覚で自由に描画、設定が可能
  8. 伏図入力なのに分散入力可能(部位別、階別、計算書などの分散拾いが可能)
  9. リスト部の補正を利用し、どのような部材もリスト化可能(計算式部分で最後に補正などの必要がありません)
  10. 複雑な柱の2方向セットバックに完全対応

「PAVE JS」は(Pave Japan Standard)の略で積算基準に対応した計算処理を行います。「PAVE JS」は積算基準ですが、近年の仕様書の多様化に伴い、基準のみではカバーできない部分にも対応。より詳細な部分ごとの仕様を設定することで、施工段階と同じ仕様、構造特記にある新たな仕様にも対応できます。(仕様はユーザーの声を反映し、随時追加されます)

PAVEご利用案内
PAVEシリーズ
躯体積算[積算基準]システム PAVE JS 躯体積算[実寸・定尺換算]システム PAVE RB 土工事積算現場システム PAVE EW 意匠積算システム PAVE FN